エクセルの勉強部屋のホ−ムへ関数の説明へ操作実習へ楽らくエクセルへ操作説明へ質問と回答へ自習へVBAマクロへエクセルで使えるソフト質問はこちらへ
「西暦→和暦の変換」ユーザー定義関数の説明
【機能】
 通常の組み込み関数と同じようにワークシート上で使用できる関数です。

西暦年から和暦の元号で記述した年号を返します。

元号は、 大化 (たいか)以降、西暦は、645年以降から対応します。
元になる元号と西暦のリストは、こちらを参照してください。

 
 

書式 =元号(年,読み)
年:   西暦年を数値で入力するか、セルへの参照を入力します。
読み:[1]を指定すると和暦の読みを表示します。
 
  A B C
1   1867 慶応3年
2     慶応(けいおう)3年
B1セルには、西暦の年数
1867
と入力します。
セルC1には、元号年を返す「元号」ユーザー定義関数
=元号(B1)
と入力します。
慶応3年
という計算結果が表示されています。

C2セルには、元号を返す「元号」ユーザー定義関数
=元号(B1,1)
と入力します。
慶応(けいおう)3年
が返ります。

【使用方法】
セルに直接関数 =元号(
と入力するか

関数を入力するセルで関数貼付ボタン「fx」を押します。

「関数の挿入」ダイアログボックスが表示されますので、関数の分類で「ユーザー定義」を選択します。

関数名「元号」を選択します。

 

数式パレットが表示されますので、西暦年を入力するか、参照セルを選択します。
通常の組み込み関数と同じように、引数の入力ができ、数式の結果も表示されます。

引数[読み]に1を指定すると和暦の読みを表示します。
この関数のヘルプはありません。

 

セルに計算結果が表示されます。

 

引数[読み]に1を指定すると和暦の読みを表示します。



【ソフトのダウンロード】はこちら

注意:このソフトを使用する場合は、「アドインソフト使用上の注意」を必ずお読みください。
ここに掲載されているエクセルのブックは「マクロ」が記述されています。
このファイルをインストールする前に、「マク ロを有効にする」をチェツクしてください。

このソフトは「マイクロソフト エクセル97/2000/xp/2003/2007」で動作確認しています。

このソフトはフリーソフトです。
本ソフトの使用によって発生した問題について、作者は一切の責任を負わないものとします。




エクセルの勉強部屋のホ−ムへ関数の説明へ操作実習へ楽らくエクセルへ操作説明へ質問と回答へ自習へVBAマクロへエクセルで使えるソフト質問はこちらへ
「和暦→西暦」ユーザー定義関数の説明
【機能】
 通常の組み込み関数と同じようにワークシート上で使用できる関数です。

和暦の元号で記述した年から西暦年を返します。

元号は、 大化 (たいか)以降、西暦は、645年以降から対応します。
元になる元号と西暦のリストは、こちらを参照してください。

書式 =元号(和暦)
和暦:   和暦の元号で表示した年を入力するか、セルへの参照を入力します。
          年の文字を入力しても、しなくてもかまいません。
     数値は、全角でも半角でもかまいません。
 
  A B C
3   慶応3年 1867年
4      
B3セルには、和暦の元号を入れた年数
慶応3年
と入力します。
セルC1には、元号年を返す「西暦」ユーザー定義関数
=西暦(B3)
と入力します。
1867
という計算結果が表示されています。
数値の後に"年"を結合して、1867年と表示するには、セルを選択し、「書式」「セル」を選択し、「セルの書式設定」ダイアログボックスで、「表示形式」の「分類」で「ユーザー定義」を選択し「#"年"」と入力し、「OK」ボタンを押します。

【使用方法】
セルに直接関数 =西暦(
と入力するか

関数を入力するセルで関数貼付ボタン「fx」を押します。

「関数の挿入」ダイアログボックスが表示されますので、関数の分類で「ユーザー定義」を選択します。

関数名「西暦」を選択します。

 

数式パレットが表示されますので、和暦の元号での年を文字列"慶応3年"のように入力するか、参照セルを選択します。
通常の組み込み関数と同じように、引数の入力ができ、数式の結果も表示されます。

この関数のヘルプはありません。

 

セルに計算結果が表示されます。

 




【ソフトのダウンロード】はこちら
wareki.exe
96.7kB
2009/01/30

解凍されるファイル
warekiadd.xls
25.5kB
2008/04/27

和暦.xla
58.5kB
2008/04/28

「元号」ユーザー定義関数の説明.txt
8.87kB
2008/04/28
「西暦」ユーザー定義関数の説明.txt
8.92kB
2008/04/28

このソフトには、「元号」と「西暦」の2つの関数を、同じファイル名wareki.exeでユーザー定義関数として登録してあります。
1つの登録でどちらの関数も利用できます。

注意:このソフトを使用する場合は、「アドインソフト使用上の注意」を必ずお読みください。
ここに掲載されているエクセルのブックは「マクロ」が記述されています。
このファイルをインストールする前に、「マク ロを有効にする」をチェツクしてください。

このソフトは「マイクロソフト エクセル97/2000/xp/2003/2007」で動作確認しています。

このソフトはフリーソフトです。
本ソフトの使用によって発生した問題について、作者は一切の責任を負わないものとします。